スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

株式会社をつくための進行の仕方 第一話

 株式会社は1円でできる法律が施行されて3年。かれこれ会社が1万社くらいはできているらしい。なんともうらやましい限りだ。
さて、うちは1000万でおととし会社をつくった。最低資本金額だ。7割を退職金で賄い、残りは株主を探して資金提供をしていただいた。きょうは、株式会社を法的にどうやってつったかお話しよう。
 本を買ってその通りにやるのもひとつ。すでに会社をつくった人に聞くのもひとつ。当社は顧問法律家にお願いした。金はかかるが、てっとりばやい方法を選んだわけだ。
 まずは、会社設立趣意書と定款づくり。自分100%で会社をつくった場合はへんな話、提出書類は適当でいいかもしれないが、株主がいる場合はじっくり専門的にやった方がいい。つまり資金を提供しているのは株主だから、「この会社大丈夫?」と思われないよう、スムーズにスピーディに会社をつくっていく。つまり、もうこの段階から、社長になる人は経営センスを試されているわけだ。本当の話、資本金を株主が支払った後にあまりにひどい会社設立進行に経営者のセンスを疑われて多大な資本金が銀行に入ったものの、ご破算になった例を経験した。会社をつくる前から会社はスタートしているのだ。

スポンサーサイト

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • 16:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
トラックバックありがとうございました!
uribaさんのブログはとても役に立ちそうです。
これからも訪ねさせていただきます。

それから、5/29の芹沢げ陲離織撻好肇蠅任垢、
わたしも芹沢氏の染物が好きで、「風」「心」という
2本の掛け軸タイプのタペストリを持っています。
兄弟の新築祝いには「喜」を贈りました。
芹沢げ陲いい任垢諭

千葉には砂川美術館が柏にあってこの間
行きました。
いい作品がたくさんありますよ。
  • 007
  • 2005/08/21 10:41 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ツイッター

フェイスブック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM