スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.12.24 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

普通に戻るためにやるべきこと

----------------------------------------------- Oval Link Co.,Ltd


 

NY9.11の時、ニューヨーク市長は、市民に訴えた。

 

「みんな外に出てほしい。

外に出てレストランで食事してほしい。

店で買い物をしてほしい」

 

家にふさぎこんでいた市民は、街へ出て

普段と変わりない行動をとるようになった。

 

それからNY再生のスピードは早かった。

 

 

今日、土曜日の街に妻と出てみた。

 

百貨店に寄ってみた。

バーゲンをしていたので、靴売場は

女性客でにぎわっていた。

 

いつもと違うのは、暗いことだ。

節電のためスポットライトは消されていた。

 

でも、女性の明るい笑顔がそこにはあり、

おしゃれを楽しむ姿があった。

妻も、ゴールドのビジュー付のパンプスを

試しながら店員と談笑していた。

 

私は帽子売り場でカストロ帽を買った。

 

 

確かに、1週間前と違う雰囲気がそこにはあった。

余震が減るのと並行して市民が街に戻っているような

気がする。

 

しかし、まだまだ復興には程遠いし、多くの被災者が

見つからないでいる。

 

 

いつか、このブログで書いた。

 

毎日、北千住オフィスの下は正しい時間で

日比谷線が走っていた。

それに痛く感動したことを。

 

 

でも今は、

日比谷線は速度を落としたり、時間を間引いて走っている。

いつもより大量の顧客を載せて。

 

まったく走らない日もあった。

 

普通に戻るということは大変なことだ。

とくに今は。

 

普通だった日々がいかに大事だったか

思い知る昨今だ。

 

 

 

普通に戻るためにはどうすればいいのだろう。

 

それは、普通に戻るための日々を一日一日

重ねていくしかない。

 

知らない誰かが、知らないところで

知らないうちに、時間どおりに電車を走らせようと

努力している。

 

知らない誰かが、知らないところで

知らないうちに、コーヒーをいつもの客に

出そうと努力している。

 

その知らない誰かとは誰だろう。

 

それは紛れもない、私たちなのである。




ときどき、人生あきらめましょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Oval-Link Co.,Ltd

「人生あきらめた!!」

私は、サラリーマンだった時分からときどき人生を
あきらめることにしている。


ストレスは、どこから生まれてくるだろうか?

それは、仕事が続いて、身も心もすさんでくるときだ。

どうしてストレスが溜まるのかというと、

●また、土日も休めない
●大好きな釣りに行きたいのに行けない
●好きなテレビが見れない
●彼女とデートできない

からだ。

確かに、仕事がたまってプライベートが少なくなると
つらくなる
ストレスもたまる。

そういう時は「人生をあきらめた」宣言をしている。

●土日は休まない(睡眠はとるけど)
●釣りはあきらめる
●テレビは見ない
●彼女とはお茶か電話で済ます

など、仕事にどっぷりつかった生活を
するのである。

「いやー、今月は人生あきらめましたよ」
と部下や同僚、外注先に「人生あきらめた宣言」して
仕事をしまくるのである。

ストレスを感じるのは、このあきらめが
潔くないと、溜まってしまうのである。

ひょっとしたら、今日はテレビが見れるかも・・・
と思ってはいけない。

「人生あきらめた宣言」をした月または週は、
テレビを見るなんて夢のまた夢・・・と思わなくてはいけない。

唯一の楽しみは、昼飯のメニューと家でのビール1杯、にするのだ。

きっぱりプライベートを捨てて、仕事にどっぷりつかる。
そのほうがすっきりしていい。

なあに、そのうちにこの忙しかったプロジェクトも
終わるのさ!
と思えばいいのである。

そうして戦争が終わったら、ゆっくりプライベートを
楽しめばいい。






・・・・ VMDセミナーのお知らせ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
VMDで成功するお店づくりとは。9月27日開催。
●VMD売場の改装・改善セミナー

目標達成に努力は欠かせない

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Oval-Link Co.,Ltd

目標達成に努力は欠かせない

という教訓を親から子供の頃から受けてきた。

努力することは美徳だか、それを人知れず行うことに
美学があるという。

それを言葉に表して両親は言わなかったが、
思い当たる節はある。

それは、小学生のころ。
アニメ全盛だったが、家で見てよいアニメは「巨人の星」
に限定されていた。

「ハレンチ学園」を見れる子供がうらやましかった。

「八時だよ、全員集合」も盗み見るように見ていたので
学校で流行語が流行っても
「スンツ礼しました」がよくわからなかった。

娯楽モノよりもNHKやニュース中心のちゃぶ台に
なっていたので仕方がない。

ちなみにカラーテレビの世の中になっても
大学3年になるまでモノクロでテレビを見ていて、
民放チャネルはTBSだけだった。

親が世俗的なつくられた色というものを好まなかったのだ。

こういう子供がよく広告代理店など世俗の業種で
長年やっていったから不思議。

多分、マイノリティでいてニッチな企画が多かったのは
そのためかもしれない。

確かに、朝から晩まで板金を叩く音の中で暮らしていた
ので、職人は自らの力でお金を稼ぐ、そのためには
努力は欠かせない・・・という意識にどっぷりと
つかってしまった。

職人気質とはそういうものなのだろう。





★★「売場塾」9月受講生募集中
VMDを学んでお店・売場づくりのスペシャリストになろう!!
売場塾では9月の秋期講座受講生を募集しています。
●売場塾

・・・・ VMDセミナーのお知らせ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
VMDの基礎をマスターしよう。8月25日開催。
●VMD売場づくりの基礎セミナー


時は流れない。それは積み重なる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Oval-Link Co.,Ltd

学生時代から、年老いたらショーンコネリーのように
なりたいな・・・と思っている。

少々詳しく言うと、クリントイーストウッドのように
いくつになっても聡明で、ショーンコネリーのように
心身ともども年齢を感じさせないような老人になりたいな・・・
と思っている。

今から10年位前に、サントリーの広告で
ショーンコネリーが登場し、

「時は流れない。それは積み重なる。」

というキャッチコピーがあった。

ショーンコネリーにピッタリだなあ、と思った。
年老いたら、こういう人間になりたいな・・・と
それからいつも思っている。

ただし、ああいうダンディさはかなわない。
その理由は、きのうのブログを見ればわかる。




・・・・ VMDセミナーのお知らせ ・・・・・・・・・・・・・・・・・
効果絶大!!VMDを活用したお店・売場づくりとは。7月27日開催。
●VMD売場の改装・改善セミナー


| 1/1PAGES |

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ツイッター

フェイスブック

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM